エルサルバドル共和国におけるSATREPSプロジェクト「熱発光地熱探査法による地熱探査と地熱貯留層の統合評価システム」

ACTIVITY & ACHIEVEMENT

EL SALVADOR - JAPAN
           

活動カレンダー

2018年度

7月
研究活動を開始しました。
8月
地熱ワークショップがエルサルバドル大学で開催されました。
現地地質調査・試料採取を実施しました。
10~11月
地熱スクール(ベーシックコース)が東北大学、岩手大学、産総研福島再生可能エネルギー研究所、地熱エンジニアリング(株)で開催されました(エルサルバドルからの参加者5名)。
11月
合同調整委員会(JCC)が開催されました。
3月
XRD(X線回折装置)がUESに設置されました。
合同調整委員会(JCC)が開催されました。 現地で地質調査・試料採取を実施しました。

2019年度

5月
エルサルバドルより研究者3名を日本へ招聘して研究打合せ・ディスカッションを行いました。
6月
現地で地質調査・試料採取を実施しました。
8月
ICP 発光分光分析装置(ICP-OES)がUESに設置されました。
機材贈呈式がエルサルバドル大学で開催されました。
地熱ワークショップがエルサルバドル大学で開催されました。
現地で地質調査・試料採取を実施しました。
9~12月
地熱スクール(アドバンストコース)が東北大学、岩手大学、産総研福島再生可能エネルギー研究所、地熱エンジニアリング(株) において開催されました(エルサルバドルからの参加者6名)。
10月
エルサルバドルより研究者2名を日本へ招聘(研究打合せ・ディスカッション)
土屋範芳教授が、エルサルバドルの地熱エネルギー開発への貢献に対して、国営地熱会社LaGeoより VICTOR DE SOLA賞を授与されました。
11月
UES研究代表者であるエドガー・ペーニャ建築工学部長とLaGeoのマイノール・ヒル社長が東北大学大学院環境科学研究科とエルサルバドル大学建築工学部との学術協定調印式と地熱学会出席のために来日しました。
1月
熱発光測定装置がUESに設置されました。

2020年度

10月
COVID-19の影響で開催を延期していた合同調整委員会(JCC)がオンラインで開催されました。
11月
岩石カッター、研磨機、偏光顕微鏡などの機材がエルサルバドル大学へ到着しました。
2月
日本側研究者の渡航ができないため、エルサルバドル側研究者チームのみによる現地地質調査・試料採取が実施されました。
3月
駐日エルサルバドル大使,ディエゴ・アレハンドロ・ダルトン氏を土屋研究リーダー並びに本学留学生を代表してホセ・アニバル・エラソ・コルネホ氏(博士課程2年)が表敬訪問しました。
合同調整委員会(JCC)がオンラインで開催されました。

業績(学会発表、論文、報告)

2020年度

9/16-17 日本鉱物科学会(オンライン)

[口頭発表]
  1. General characteristics of magma geothermal activities in El Salvador (J.Erazo, A.Quzada, P.Santos, H. Yamagishi, M.Uno, R.Yamada, A.Amaya, N.Tsuchiya)

2019年度

11/20~22 日本地熱学会令和元年学術講演会(熊本)

[ポスター発表]
  1. Current Status of Geothermal Development in El Salvador (O.Aparicio, D.Martínez, N.Tsuchiya, H.Yamagishi)
  2. Geothermal Education in University of El Salvador (J. Argueta, E. Morán, S. Campos, L. Mendoza, N.Tsuchiya, H.Yamagishi)
  3. Verification of Volcanic Evolution and Utilization of Geothermal Energy by Cooperation between University of El Salvador and Tohoku University (L. Mendoza, S. Campos, J. Argueta, E. Morán, N.Tsuchiya, H.Yamagishi)

3/27~28 17th International Workshop on Water Dynamics

[ポスター発表]
  1. General characteristics and magma – hydrothermal activities of geothermal fields in El Salvador, Central América (J.Erazo, A.Quzada, P.Santos, H. Yamagishi, M.Uno, S.Yamasaki, A.Amaya, N.Tsuchiya)

2018年度

11/14~16 日本地熱学会平成30年学術講演会(東京)

[口頭発表]
  1. Numeric Geothermal Reservoir Model Calibrated through TL exploration data proposed at the initial exploration stage using HYDROTHERM software(Amaya A., Hirano N, Tsuchiya N.,)
[ポスター発表]
  1. Introduction of SATREPS Project in El Salvador: Geothermal Exploration by Thermoluminescence Technique Prospection and Reservoir Evaluation by Integration of Geological, Geophysical and Geochemical Data Analysis (N. Tsuchiya, H. Yamagishi, H. Asanuma, S. Koshiya,T. Kajiwara, J. Erazo, S. Campos, E. Moran, J. Arugueta, D. Martinez)

11/26~28 15th International Symposium on Mineral Exploration in Kyoto(ISME XIV)

[口頭発表]
  1. Novel geothermal prospection model based on thermoluminescence of quartz (Alvaro Josue Amaya Arevalo)
  2. Cooperative research at Universidad de El Salvador and current state of SATREPS project (E. Peña)
  • SCROOL
  • © SATREPS All Rights Reserved.