エルサルバドル共和国におけるSATREPSプロジェクト「熱発光地熱探査法による地熱探査と地熱貯留層の統合評価システム」

MESSAGE

EL SALVADOR - JAPAN

SATREPS 挨拶

Project Leader
土屋 範芳
東北大学大学院環境科学研究科
研究科長
 

土屋範芳

 SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)では国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)並びに 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)と独立行政法人国際協力機構(JICA)が連携して地球規模課題を対象とする開発途上国との国際共同研究を推進することにより,地球規模課題の解決 および 科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を相手国研究機関と共同で獲得する国際共同プロジェクトです.
SATREPSでは,SDGsに関連の深い 環境・エネルギー/生物資源/防災/感染症分野において世界40カ国以上で100以上のプロジェクトを実施していますが,本プロジェクト(熱発光地熱探査法による地熱探査と地熱貯留層の統合評価システム:2017年(平成 29年度)より研究期間5年)は,研究領域「 低炭素社会の実現に向けた高度エネルギーシステムに関する研究 」に属し,エルサルバドルの地熱エネルギー開発を支援するものです.

 我々の研究グループでは,鉱物の熱発光現象が地熱活動と強く関係していることを明らかにしており,この熱発光現象を地熱探査技術へと応用することを進めております.この熱発光地熱探査法は,広域的な地熱活動ならびに局所的な熱源や熱水の活動を明らかにできる方法であるとともに,物理探査や地化学探査と併用することにより,地熱地帯の熱源の規模や発達過程を推定する新しい探査技術として展開することが期待されます.また,従来法に比べて安価であることも特徴のひとつです.本プロジェクトでは,熱発光地熱探査技術を基軸として,さまざまな探査データをGIS上に格納し,統合的な地熱探査技術の開発を進めます.

 エルサルバドルは,地質的には豊富な地熱資源が胚胎されていると推定され,すでに2つの地熱発電所(Ahuachapán,Berlín)が稼働しておりますが,長い内戦と度重なる政治的混乱から,国内の地質研究とそれに裏打ちされた系統的な地熱探査が大きく遅れているとともに,地熱エネルギー開発に関する体系的技術及びそれを展開できる研究者,技術者の育成も充分ではありません.

 本プロジェクトでは,熱発光地熱探査法のエルサルバドルへの展開と,地熱探査情報の統合化と総合的な探査スキームの開発,さらにはこれらの技術を担える研究者,技術者の育成を通じて,我が国とエルサルバドルの強い絆を培っていきたいと考えております.

 エルサルバドル側は,国立大学 エルサルバドル大学ならびに国営地熱開発会社 LaGeo,日本側は国立大学法人 岩手大学,国立研究開発法人 産業技術総合研究所ならびに地熱エンジニアリング株式会社様のご協力を仰ぎ,このプロジェクトを進めていきたいと考えております.

 「地熱」を介して,太平洋にかかる,日本とエルサルバドルの友好の架け橋を創って行きたいと考えております.
ご指導,ご鞭撻のほど,どうぞよろしくお願い申し上げます.

Project Manager
Edgar Armando Peña Figueroa
Dean, Faculty of Engineering and Architecture
University of El Salvador

Edgar Peña

Among renewable energy sources, geothermal energy has proven to be reliable, clean, and safe. In El Salvador, the production of geothermal energy represents around 24% of the energy production. In order to improve this generation capacity, it is important to have a better knowledge on potential geothermal sites. Aimed to optimize the financial resources of drilling wells by implementing thermoluminescence techniques developed in Japan by University of Tohoku, this method is being adapted to El Salvador conditions.
As Faculty of Engineering and Architecture of University of El Salvador, we are proud to be part of this research effort. Thanks to this project, future professionals improve their knowledge about geothermal field exploration, which is beneficial for the country. Direct benefits for our institution include training of our professors and technical staff as the acquisition of equipment for our laboratories. Likewise, through the strategic alliance with the state company responsible for the generation of geothermal energy in the country, LaGeo, the technique can be implemented in other Latin American countries by transferring knowledge through training courses.
Beyond the transfer of knowledge, the most important benefit that has been achieved thanks to this SATREPS project is the growing bond of friendship between our Faculty and the University of Tohoku, specifically the Graduate School of Environmental Studies, and the other participating institutions such as the University of Iwate, the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) and Geothermal Engineering Co., Ltd.
We have high expectations with the results of this project, and we are trying to do our best to succeed.
Personally, once again, thank you very much, Japan.

  • SCROOL
  • © SATREPS All Rights Reserved.